野崎商店街大学 7月度活動記録

2019717日(水)18時から2015野崎参道商店街 山田研究所

鈴木ゼミ5企画)、藤岡ゼミ3企画)

介助犬ひろばミーティング

山下氏、ヘルパーさん、樋口氏、手話通訳者(2名)、剣持代表

18時から剣持代表による介助犬広場の本年度の活動計画の進捗状況と介助犬ひろばのホームページの作成状況について説明があった。本年度マップ制作についての協議をした

19時から山田理事長の司会・進行による学生からの商店街の夏祭り企画のプレゼンの協議があった。商店街からは前理事長で現副理事長の吉村氏、運営事務局長の長澤氏の出席があった。

先日の理事会で本年度の夏祭り企画は学生との共同企画を重視することの承認が得られた。これまでの数年間の取り組みに対して商店街の役員から評価されてきたことが伺える。

鈴木ゼミ

河原さんの企画

山﨑木工所の廃材を活用した黒板制作

すでに山﨑木工所に訪問時に協力依頼して了承を得た

3024

当日備品 机2本、椅子4

クラフトキットは顧客に1000円以内の販売~500円のワンコインが良いとの提案があった。

10組の限定で実施する。

 

大森さん~プラ板企画

2本、椅子3

25個限定で、無料で実施する。

オーブントースターの電源の関係で場所が未決定。

 

高田さん~水鉄砲企画理事長からは高い評価を得た。商店街の企画ではリスクが高いことから、山田研究所としての企画で商店街のイベントとは距離をおいて実施する。今後は、直接山田研究所と企画の詰めを実施する。q

藤岡ゼミ

山邊さん~IoTを活用した親子の手作り教室の企画

木工商品でパズルを作る。完成すると動物の鳴き声がするようにする。

718日(木)の山﨑木工所、創作工房一志へのプレゼン結果で制作可能であれば実施する。

茨池さん、高垣さん~バルーンアートの実施

200個制作する。

長澤氏から過去に幼稚園の企画で実施したが結構きつい作業でったとの話があった。

事前に練習をする。

 

宮里さん~リサイクルアート~ペットボトルの蓋を活用したアート

事前に900個分で制作しておく。大学内で制作する。大きさは30センチ×30センチ程度

商店街大学の模様を形にする。

次回は724日(水)の3限のゼミにおいて、山田理事長に出席していただき、具体的な実施に向けた工程や準備の協議をする。

検討項目は当日までの作業、

1.参加者の募集と事前告知

幼児や小学生などのイベント参加者の募集

SNSなどでの集客と告知

近隣の保育園、幼稚園などに案内をして参加を呼び掛ける。

 

2.告知ビラの制作と配布

ゼミまでに企画をパワーポイント1枚にまとめてプレゼンする。

その内容をもとにして商店街がハンドビラを制作する。

商店街の店で配布の依頼をする。

 

3.材料の購入と精算

 

4.山田理事長と学生のLINE設定