自分が、もう少し利口に生きていく為に人生のメモ!!

・子供にとって一番大切なことは「教養ある大人」「生きる知恵と力を備えた大人」に出会い、その人に師事する機会を得ることです。いい「先生」に出会うことができる能力、それも大切な「生きる力」です。

・日頃から身の回りの「畏れるべきもの」に礼を尽くし、それからのメッセージに耳を傾ける習慣を持たなければ、コミュニケーション能力が劣化するのは当たり前です。それが「礼を失する」ということの本義です。

・何より書物の最大のメリットは、「遠い国の人」「もう死んでいる人」を「先生」にできることです。「教養」を深めるために読むべき本の条件があるとすれば、それは「できるだけ遠い昔」の、「できるだけ遠い国」の人の本を選ぶことです。


「“教養”があればブラック企業に騙されない!」内田樹 特別インタビュー – なぜ孔子は「礼・楽・射・御・書・数」を必須としたのか?

http://lite.blogos.com/article/147023/?axis=&p=1