商店街活動備忘録 2019.7

【商店街備忘録】

車道幅6.5m 全長350mの直線道路を見下ろせる商店街が野崎商店街の自慢でもあります。人口は減少しておりますが、観光に相応しい新しい店が何件かオープンします。47年も野崎商店街に生息してると、別れがあれば出会いもあり、ええ時は凄い商店街と持ち上げられ、悪い時は この商店街はアカンとみんなが言ってるとか言われたり。じゃぁ どうするの? 閉めるの? 自分はこの商店街だから生息出来るんで居続けたいので 地元に居ながら自分が楽しくやっていけるかを研究しております。

商店会長などする前は、地域の問題などは、国や市や議員さんの仕事と思っておりましたが、そんなモノあてにしてたら 余計腹が立ってしまうので 自分が動ける範囲で行動した方が結果的には足らない部分を応援してくれるパターンが多かったと思います。

自分も気を付けないとダメですので、せめて笑えたら良いのです。あと愚痴っぽいディズニーランドは行きたくないです。

そもそも地域活性化や地元愛は 上から命令されてやるのでは無く そこに住む人々が、無理なく自主的に小さな社会貢献を行動し継続できるか? その集合体が魅力ある地域だと思ったりします。

日本一 小学生が気持ちの良い挨拶をする商店街

日本一 猫を応援したい気持ちのある商店街

日本一 人々が笑顔になって欲しい気持ちがある商店街

先ずは良い想いがファーストなんでは無いかと。

野崎参道商店街の組合費から街路灯と防犯カメラの維持運営されております。自分が小さい時は 薄暗く喧嘩や酔っ払いが大声で叫ぶような事もしばしばあったんです。子供ながら怖かったのを覚えております。

これじゃイカンよなぁ〜と言う先人たちの想いが形になった延長線に今があるんだと思うと、やはり日本一良い商店街だなぁ〜と想っております。