商店街防犯カメラについて

本日 21:00頃 野崎参道商店街のお店に泥棒が入りました。 つい先ほどまで 警察の方と野崎参道商店街の店舗に泥棒が入った犯人が写っている防犯カメラの解析をしておりました。

あまり こう言う事はガラが悪い地域、商店街と思われるのが嫌なので書きませんでしたが、、、

四条畷警察官の方々への名誉の為に書かせて頂きます。

防犯カメラを設置してから3年 およそ10日に一度のペースで防犯カメラの確認を警察の方と立ち会いのもと行われております。

※野崎参道商店街防犯カメラの確認は個人情報云々で防犯カメラ管理者(被害者)と警察官立ち会いの元とルールを決めております。

ゴミの不法投棄
見知らぬ大人が子供への声かけ
泥棒
交通事故
盗難車両の確認
不審火
ひったくり
器物破損
路上の喧嘩
痴漢
商店への嫌がらせ
逃走犯人が商店街を通過した
etc••••

小さな軽犯罪から大きな犯罪まで本当に様々です。

防犯カメラ設置当初は 一部の人間から個人情報、プライバシー云々や犯人扱いされ監視されているみたい、人間を信用していないのが嫌だとか変な圧力もありましたが、、、、

10日に一度のペースで警察の方が防犯カメラを確認しているのが

現実なのです。

両親の代から野崎参道商店街で商売をさせて頂き45年

当店も

泥棒
不審火
嫌がらせ
本当に色々な事がありました。

防犯カメラが無い時代は 恐らくアイツが犯人とわかっていても立証する術が無いと泣き寝入りなのです。

世の中には本当に

色々な人間がいるのです。

お金に困って泥棒する人間
ストレスのはけ口に
商店街で暴れる人間
女性や子供に被害を及ぼす人間
老人に死ね!と捨てセリフを吐く人間

悲しいですが

地元で

自分が本当に見て経験した事なのです。

99.9%の善良な市民には防犯カメラは必要無いのです。

ただ、0.1%の人間が
泥棒したり
痴漢したり
器物破損したり
子供に怖い目に合わすのも
現実なのです。

たった数秒の犯罪を防犯カメラで立証するために その前後 その時間帯 とんでもなく時間を費やすのです。

警察の方も
商店街の人間も
そんな暇じゃ無いのです。

防犯カメラは警察官立ち会いの元 閲覧なので その間 商売はストップします。

数時間〜数週間の時間を割いても犯人が特定できない事は良くある事なのです。

だから 安易に警察は何してんねん
商店街の防犯カメラは役立たず
そんな事を言われると
無茶苦茶凹むのです。

ただ

警察官の仕事も
商店街の防犯カメラも

仕事して当たり前と思わないで欲しいのですね。

自分達も感情のある人間なので

商店街の人間として 別段 セキュリティ会社じゃあるまいしお金を頂いている訳でも無く 商売が忙しいので防犯カメラを見なくても見た事にして犯人が写ってなかった言えばOK

警察官も早く家に帰りたいので調べた事にして 見つかりませんでしたと言えばOK

嘘みたいですが 正直いくらでもズルをして手を抜けます。

しかしながら 自分が防犯カメラに立ち会う警察官は 手を抜きませんでした。

山田さん !!

見落としかもしれない もう一度 確認しましょうと言って 連続窃盗犯や痴漢や ニュースで取り上げられた事件を防犯カメラで立証出来た事もあります。

そして

泥棒にあわれた商店街の人
怖い目にあった子供の両親
嫌な目にあった商店街の人
痴漢にあわれた女性

防犯カメラで犯人が検挙された時は100%必ずお礼に来られます。

その時のいつも強面な警察官の顔は安堵に満ちた顔なのですね。

だから敢えて言いますね。

99.9%の警察官は市民を守ろうとしています。0.1%の警察官が悪い事をします。

99.9%の市民は地元を守ろうとしています。0.1%の市民が悪い事をします。

と言う事実を受け入れた上で 商店街の人間の立場として防犯カメラのあり方を考えて行きたいと思うのですね。

恐らく防犯カメラを設置されている商店街の方々は同じ想い同じ経験をされているのだと思います。

ちなみに

本日 野崎参道商店街の店舗に入った泥棒は特定出来ました。

優秀な四条畷警察の方が絶対に捕まえると保証します。

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.